【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセルや予約変更の方法は?キャンセル料は?

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

 

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

 

ミュゼの公式サイトからキャンセルする方法です。会員サイトであれば、予約やキャンセルが簡単にできます!

 

ミュゼの公式ホームページから会員サイトにアクセスします。契約の時に事前に教えてもらった会員番号とパスワードでログインできます。

 

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

 

そこから現在の予約の詳細ページを開いて、その予約状況一覧にある「この予約内容をキャンセルする」を選択します。キャンセルしたい日程と時間に間違いがなければそのまま続けて「キャンセル」を選択してください。

 

 

会員サイトからの予約のキャンセルのメリットは24時間いつでも、自由に好きな時にキャンセルや予約ができること。電話対応など違って待ち時間がないことです。また、アプリよりも通信がしっかりとしているので、サーバーがダウンしているということも滅多にありません。

 

デメリットは、インターネットの通信状況などが悪い時にキャンセルができていないことがあるようです。キャンセルがしっかりできているか、もう一度ログインし直して確認すると確実です!

 

 

 

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

ミュゼの予約変更は公式アプリから、簡単にできます。ミュゼの公式アプリからログインをして、「予約」を選択します。予約状況から自分の予約した中から、キャンセルをしたい日程を選択します。

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

ご予約内容の予約状況の中に選択肢があるので、「キャンセル」を選択します。

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

最後に「現在の予約一覧」のところから予約の間違いがないか確認して「キャンセルする」を選択します。

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

 

ミュゼアプリは、まだまだバグも多く通知がたくさん来ることもありますが、予約をしたりキャンセルをするにはとっても便利です。今一番人気の予約方法がミュゼアプリですね!やはり、メリットは予約が簡単だということです!

 

たまに、アプリを使用すると落ちてしまうというエラーが起きますが、その時はアプリ以外から予約のキャンセルなどをすることをお勧めします!デメリットはエラーやバグが多いことです!

 

 

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ミュゼの予約変更キャンセルは電話でも可能です。問い合わせ用などの電話番号ではなく、お手入れ予約専用ダイヤルがあるので、そこに電話するとキャンセルができます。各店舗ごとには、電話番号がないので専用ダイヤルに必ず連絡してください。

 

キャンセルと同時に次の予約ができたり、なにより対人でやりとりをするので安心感があります。注意する点は、営業時間の終了が早いです。とはいえ、土日も対応なのでそこは嬉しいところですね!

 

お手入れ予約専用ダイヤル(0570-082489)

受付時間 全日9:00~18:00

 

ちなみに予約以外の問い合わせは、お客様相談ダイヤルがあるので、そちらに連絡をしてください。

 

お客さま相談ダイヤル(0570-007830)

 

 

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

無料カウンセリングの予約の変更やキャンセルは、電話とWEBでできます。

 

WEBから無料カウンセリングの予約変更やキャンセルをする場合、予約完了メールに記載されているURLにアクセスしてから予約変更やキャンセル手続きを行ってください。

 

予約完了メールが届いていない場合は、電話からもできます。電話番号はカウンセリング予約専用ダイヤルがあるのでそちらに電話をして予約の変更やキャンセルをしてください。年中無休ですが、時間が18時までなので早い時間に電話で問い合わせをしましょう!

 

カウンセリング予約専用ダイヤル電話番号:0120-489450(フリーダイヤル・無料)

受付時間:年中無休 (10:00~18:00)

 

 

 

関連ページ:【ミュゼプラチナム 予約取れない】についてはこちらをクリック

 

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼの大きな魅力として、予約の変更やキャンセルをした時にペナルティとしての罰金や、キャンセル料がないことがあげられます。多くの脱毛サロンでは、脱毛のキャンセルをした時に回数券の場合消化されてしまったり、脱毛し放題にしている場合はお金を追加で払わなくてはならなくなったりします。ペナルティのキャンセル料などがあると、脱毛のせいで大切な予定が入れられなくなってしまったり、遊びに行く予定を断らないといけなくなってしまいますよね。ミュゼではそんな心配も不要です!

 

実は、ネットで検索をするとキャンセル料としての罰金やペナルティがあると出てくる時もあります。過去のミュゼでは実はありました。しかし、現在は無くなったようなので安心して通うことができます!予約のキャンセルがあっても、すぐ埋まってしまう大人気のミュゼだからできることですね♪

 

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

当日キャンセルの場合、ペナルティや罰金などはありません。ただ、その後解約をするという時に返金の対象にならなくなってしまうので要注意です。

 

そもそも、当日キャンセルをするということはその日のその時間に本来なら違う方が脱毛できる時間です。また、スタッフもあまってしまうということになるので、ミュゼからすると迷惑なことです。それでも迷惑をかけても、通ってくれるなら、回数を消化すると脱毛効果を得られなくなってしまうから、とミュゼが寛大に許容してくれていたので当然といえば当然ですね。

 

回数消化のプランの場合、手数料と当日キャンセル料の返金分と合わせるとほとんど返金にならないということもあります。

 

返金せずに、ミュゼにずっと通って綺麗になる!というのなら問題はありませんが、何度か通ってみて効果の実感の様子見をしたいなと考えている方は、絶対に当日キャンセルをしないようにしましょう。

 

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼは脱毛の回数保証制度があります。そのため、当日キャンセルをしても脱毛の契約期間内であればお手入れをうけることができるのです。仕事の急な変更があったり、どうしても急に生理がきてしまってVIOの脱毛ができない。ってことは女性なら誰しもありえますよね。そんな、女性の味方なのがミュゼの回数保証制度なのです。

 

どうしても、ミュゼなどのサロンの脱毛は医療脱毛に比べて効果が薄く、回数をこなさないと脱毛効果を得られません。ミュゼとしては、せっかく数ある脱毛サロンから選んでくれているのだから綺麗になって帰ってほしいという気持ちがあり回数保証制度ができたようです。

 

ただし、こちらの注意点はあくまでも契約期間内であればということです。期限が切れると脱毛が受けられなくなるので、必ず期間内にしっかり脱毛を受けましょう!

 

 

ミュゼの契約期間について

ミュゼ契約期間はプランにもよって異なりますが、契約日から基本的に3年です。この期限を過ぎてしまうと脱毛に通えなくなってしまいます。

 

注意しなければならないのが、コロナ期間で通えない方でも期間を超えてしまうと脱毛を受けられなくなってしまいます。期間を延長したい場合は、「コロナ特別休会」の手続きを自分なしなければなりません。忘れると受けられなくなるので、かならず自分で手続きをしましょう。手続きをすると最大6ヶ月間の期間延長保証ができます。6ヶ月経つと自動的に休会が終わってしまうので、さらに延長したい場合は追加で手続きをしましょう。

 

もし期限が切れてしまった場合でも最大5年まで、期間を延長することができます。契約がきれる1年以内に施術を受けると、1年延長することができます。しかし、5年を過ぎてしまうと期間の延長も、返金などもできなくなってしまうのでご注意ください。

 

ミュゼの回数保証制度について

回数保証制度は、当日キャンセルをしても1回分の消化にならず、保証された回数を必ず脱毛できるというものです。契約期間内(保証期間内)なら、契約した回数が脱毛できるというものです。

 

回数プランの脱毛を契約した場合、1回でもキャンセルで減ってしまうのは惜しいですよね。しかし、どうしても当日体調が悪くなってしまったり、体がレディースデイになってしまったり、予期せぬ急な予定が入ってしまった時に、キャンセルをしなくてはならいときもあります。そんな時に、せっかく高いお金を払ったのにキャンセルするなんてもったいない!となってしまいますよね。とはいえ、脱毛よりも優先するべき予定だった場合キャンセルせざるを得ません。そんな時に、気兼ねなくできるが回数保証制度です。

 

とはいえ、当日キャンセルはお店にとってもかなり迷惑な行為です。どうしてもキャンセルをしなければならない場合以外は、キャンセルをしないようにしましょう。

 

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約変更・キャンセルなどは予約開始時間の24時間前まで可能です。アプリや電話、公式サイトから変更してください。電話の場合は、つながりにくい場合や営業時間が限られています。急な予定変更はアプリや公式サイトからの変更がおすすめです。

 

24時間前まで当日キャンセルにならないのはかなり良心的ですね。当日キャンセルでも、ペナルティにもならないのもミュゼの良いところですね。しかし、ミュゼは予約を取るのが難しいと有名です。はやめにキャンセルや時間の変更をすることで、行きたい人が脱毛に行けるようにもなります。脱毛予約の変更をしなくてはいけない予定ができた時点で、他の人のためにもキャンセルは早めにしましょう。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

当日キャンセルに該当するものの1つ目は、お手入れ開始時間までに来店されなかった場合です。行こうと思っていたけど、電車の事故や遅延で行けなくなってしまったりしまうこともあります。

 

電車遅延の場合は特別対応で、当日キャンセル扱いにならないという話もありますが脱毛時間が限られているので、時間に間に合わない場合は実質キャンセルです。特にペナルティなどはないものの、契約保証期間内に脱毛が完了できなくなってしまう可能性もあります。時間にはできるだけ、余裕をもっていくように心がけましょう。

 

遅刻の場合も数分程度なら対応してくれることが多いです。しかし、10分以上の遅刻の場合は時間が足りないので脱毛箇所が減ってしまうこともあります。やはり余裕を持って行動して、お手入れ開始時間までにできるだけ来店しましょう!

 

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

当日キャンセルに該当するものの、2つ目が、お手入れ開始時間24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルをした場合です。その場合は、事前キャンセルであっても、前日であっても、当日キャンセル扱いになります。アプリやWEBから簡単にキャン説ができ実質ペナルティはないので、解約を検討している時以外は正直当日キャンセルで問題はないでしょう。

 

24時間前を過ぎたら当日キャンセルになるし、連絡もしなくても良いのでは!?と考えてしまう方もいるかもしれません。ペナルティも罰則もないので、ご本人としては問題はないでしょう。ただ、ミュゼは予約がなかなかとれずキャンセル待ちをしている人も多いので、周りの方のためにもできるだけはやくキャンセルをしましょうね!

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼは会員専用アプリで、キャンセル待ちが可能です。キャンセル予約をする方法は実は2つあります。

 

1つ目が、ミュゼの公式ホームページの会員サイトをチェックして、自分でキャンセルが出ていないかどうかをチェックする方法です。こちらはこまめにチェックするしかないので、予定が空いてて予約を取りたいと思った日の前日にチェックすると意外と空きがあったりします!

 

2つ目は、ミュゼの会員専用アプリでキャンセル待ちをする方法です。ミュゼアプリで空き通知の設定をします。希望の日程と店舗を選択しておくと、空きが出た場合に通知がきます。自分の空いている日や時間を設定しておくだけで、連絡をしてもらえるのでいちいち公式サイトなどをチェックする手間が省けておすすめです。

 

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

 

 

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

無断キャンセルをした場合は、当日キャンセルと同様に扱われます。解約した場合だけ、返金対象になりませんが、罰金や回数消化などのペナルティもありません。ですので、無断でキャンセルをしても実は問題はありません。

 

しかし、マナーとして連絡を入れておく方が良いですよね。24時間を過ぎてしまうと、ネットからはキャンセルができません。アプリやWEBからキャンセルができないので、ちょっと面倒ではありますが、電話でキャンセルをしましょう。ミュゼも当日キャンセルに慣れているので、スタッフもあっさりとした対応です。「キャンセルお願いします」と一言だけ連絡を入れておきましょう!

 

ミュゼコールセンター: 0120-965-489

受付時間 10:00~20:00(年中無休)

 

 

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

そして、ミュゼのすごいところが当日キャンセルが無断でもペナルティはありません。あくまでも、連絡を入れておくのはマナーとしてといったところですね!罰金もなければ、回数消化もないのは最高ですよね。用事ができた時や、生理になった時、体調が悪い時は思い切って休んでしまいましょう。

 

とはいえ、ミュゼの会員みんなが無断キャンセルをしてしまうとお店が成り立たないですよね。そうなってしまうと、ペナルティや罰金制度が導入されるのではないでしょうか。

 

しかし、実は、ミュゼは予約が取りづらい分、無断キャンセルなどもかなり少ないんです。やっと取れた予約だから絶対行きたい!と考えている人が多いようです。ペナルティはないものの、キャンセルしてしまうとツルツル素肌が遠のいてしまうので、できれば行きたいとキャンセルもかなり少ないようです。

 

ミュゼの無断キャンセルなどでペナルティなどがないのは、みんなのマナーによって成り立っているのですね。できるだけ、無断キャンセル、当日キャンセルはしないように心がけましょう。

 

 

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

実は無断キャンセルをしても次回の予約は普通に取ることができます。その後も何も問題もなく脱毛に通い続けることができます。

 

しかし、ミュゼはそもそも予約がなかなか取りづらいため予約が取れても、1ヶ月後になってしまうなんてこともザラにあります。そうすると、脱毛完了までが遠のいてしまったり、契約期間内に脱毛が終わらない可能性がでてくるというデメリットがあるので要注意です。

 

また、ミュゼは全店舗で顧客情報を共有しています。そのため、無断キャンセルを繰り返してしまうとそういったデータが残されている可能性があります。どうしても接客業なので、良いお客さまには良いサービスをしたくなるし、悪い態度だとサービスが減ったりなど逆もしかりです。丁寧に対応されたいなという方は、こちらもマナーよくお行儀よく通いましょう!

 

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼは生理になってしまった場合は、当日キャンセル同様に扱われてしまいます。しかし、女性がたくさん通っているミュゼなので、生理になってしまってキャンセルというのは頻繁にあることです。誰しも起こりうるものなので、生理になってしまったら遠慮なくキャンセルしてしまいましょう。

 

生理だと、お腹が痛かったり、頭が痛かったり、動きたくなくなってしまう方も少なくないはず。そんな方は、キャンセル連絡だけして、その後はしっかり鉄分をとって休める時は休んでおきましょう。

 

また、生理だけど全然元気だし脱毛を受けたい!という方は、脱毛もしてしまいましょう!生理になってしまっても実は、ミュゼではVIO以外なら脱毛できるんです!

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の脱毛はできません。元々、名前の通りデリケートな部分なので生理中に肌に負荷をかけるのはよくありません。施術代も脱毛用の服装で寝転がってしまうと、汚れしまいますしね。また、ミュゼの脱毛はIPL脱毛でメラニン色素などの黒い部分に反応します。生理中の経血は反応してしまう可能性がとっても高いので、そういった面でも絶対に当てることはできないのです。生理が終わりかけでもリスクがあるので、できません。完全に生理が終わったタイミングで改めて予約しましょう。

 

ちなみに、タンポンをつけたり、生理であることを隠して脱毛を受ける方が一部おられるようですが100パーセントばれます。ヒモが見えていたり、生理特有の匂いがします。その場合脱毛自体がその場で中止となることが多いようです。

 

 

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

両ワキ+Vライン脱毛完了コースの場合、両ワキのみの施術はできないようです。Vラインが含まれているので、お手入れがNGです。Vだけだったら生理が終わりかけならできるのでは!?と思われそうですが、生理の終わりかけでもできません。残念ですが、日にちを改めて生理が終わったタイミングで予約しましょう。

 

他のプランではVIO以外の脱毛が可能ですが、このプランに限っては例外でワキのみの脱毛ができなくなっているので要注意です。

 

このコースは100円という破格のキャンペーンで行っています。自販機でお水買うと最近110円とかがあるので、それより安いってすごいですよね。ワキだけ、Vラインだけと別々に施術をすると時間がとってもかかってしまいます。ですので、このプランだけでは利益がでていないのでそういった、特別なオプションやサービスがないのは当然かもしれませんね。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

生理中のデリケートゾーンのために他の脱毛ができないということはありません。せっかく取れた予約なので、全身脱毛や部分脱毛で契約をしている方は、VIO以外のところを脱毛してもらいましょう。全身脱毛コースを契約している方は、VIOの脱毛以外はすることができます。足の付け根なども施術可能です。施術中は自分のパンツを履いて脱毛をすることになるので、汚れてしまうことも覚悟しておきましょう。念の為替えのパンツを用意しておくと良いかもしれません。

 

 

脱毛できなかったデリケートゾーンのVIOは、後日振替で脱毛をすることが可能です。VIO脱毛だけだと、あまり時間もかからないので、予定変更をしたくない人は良いかもしれませんね。

 

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

生理中は肌がとても敏感になっていたり、体調もホルモンバランスが普段と違うため崩れやすく不安定になっています。どうしても、受けたい場合は受けられますが後日でもいいかなと考えている方は、予約の変更やキャンセルがおすすめです。VIO脱毛のためにわざわざ行くのも、交通費も時間もまたさらにかかってしまいますもんね。せっかくキャンセルしてもペナルティなどがないので、生理がかぶると分かった時点でどんどん活用していきましょう。

 

それでも生理期間中に脱毛に行こうと考えている方で、注意しなければならないのが痛み止めなどの薬を飲んでいる場合は脱毛ができません。ミュゼは薬服用日は脱毛ができないので、普段から痛み止めなどを常備している人は薬を飲まないように気をつけましょう。

 

 

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼプラチナム予約変更キャンセル料

ミュゼプラチナムの予約の変更やキャンセルについてまとめてみました。

 

・予約変更やキャンセルは何度でも無料でし放題!

・当日キャンセルでもペナルティが全くない

・罰金も1円も払わなくていい

・24時間前まではアプリやWEBで24時間いつでも簡単に変更可能

・24時間切った場合は電話でコールセンターへ連絡をマナーとして入れましょう

・解約の時に無断キャンセル分は差し引かれた額が返金される

 

などメリットづくしでしたね!解約を考えていない方だったら、なんのデメリットもありません。しかし、キャンセル待ちの方がとっても多いのがミュゼの現状。無断キャンセル・当日キャンセルもなんの不利益も被りませんが、周りのミュゼ仲間のためにも分かった時点でキャンセル連絡をしましょうね♪

 

 

そのほかにも実際にミュゼに通ってみた方の口コミや評判や評価、効果などのレビューを詳しくまとめてみましたので、ミュゼに通うか迷っている方はぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

 

【ミュゼの口コミ】脱毛サロンの料金が安いけど効果ないの?についてはこちら

 

 

関連キーワード
脱毛の関連記事
  • 【脱毛サロンおすすめランキング】人気の全身脱毛を比較!!
  • 【全身脱毛の通い放題】回数無制限で脱毛し放題!永久保証付ありのおすすめ脱毛サロン
  • 【シースリーのVIO脱毛】C3(シースリー)のVIO脱毛の効果・脱毛範囲・痛みは?
  • 【シースリーの予約】予約とれない?どこでも予約&電話予約の方法やコツ
  • 【シースリーの解約】脱毛サロンC3の途中解約方法/返金やクーリングオフについて
  • 【シースリーの脱毛料金】C3の全身脱毛プランの総額/脱毛の料金表
おすすめの記事